学校法人公文学園 のびてゆく幼稚園 プライバシー ポリシー
保育案内
公文式プリントタイム
公文式学習教材は、公文教育研究会の創設者 公文公(とおる)が提唱した教育理念に基づき、一人ひとりの子ども達の可能性を最大限に伸ばすことを願って作られました。
子どもたちは、鉛筆の持ち方から始め、一人ひとりのペースに合った無理のない学習を続けています。それによって、知能の発達を促し、集中力・持続力・忍耐力などを養い、学習の基礎を身につけることを目指しています。
国語教材・算数教材
歌とリズム
季節の歌や童謡など様々な歌をうたいます。ただ大きな声や小さな声でうたうのではなく、歌詞の意味や曲のイメージを想像しながらうたうように心がけています。年中後半から年長にかけては音楽講師による歌唱指導とリズム指導も行っています。
本の読み聞かせ
保育室は勿論の事、廊下にもたくさんの本が並んでいます。読みたい時に絵本がすぐそばにある環境を大切にしています。幼児期から絵本に触れ、たくさん読み聞かせをしてもらう体験は子どもの一生の宝となり、今後の成長の糧となります。また家庭でも親子で絵本の世界を楽しんでもらえるよう、毎週1回子どもが自分で好きな絵本を選んで持ち帰ります。   絵本の写真
自由遊び
幼児の生活の中心は遊びであり、遊びは幼児期の重要な学習と考えています。緑豊かな広い園庭で、晴れた日は思う存分外遊びを楽しみます。子ども達は友達とのかかわり合いの中で、自分を主張し、受容や拒否、時には葛藤や挫折感を味わいながら「人とかかわる力」を身につけていきます。
自由遊びの写真
体 操
週に1回、クラス単位で体育専任講師による体操の時間を設けています。まずは歩く、走る・・・といった基本的なことから、マット運動・跳び箱・鉄棒・トランポリンを使い総合的な運動能力の基礎を培います。また、年長児は一輪車に乗れることを目標に取り組みます。一輪車を通じて挑戦する心、忍耐力、持久力が育ち、みんなで励ましあったり、応援したり、心がひとつになることを経験していきます。
体操の写真 体操の写真


次のページへ